花粉症などアレルギー体質を改善するためには乳酸菌の力が必要

今や様々な食品に含まれている乳酸菌。ヨーグルトやキムチ、納豆などが知られていますが、飲料や菓子など加工された商品も多くあります。

乳酸菌は400種類ほどあると言われ、人によって効果の高い種類は異なり、様々な種類の乳酸菌を摂ることが大切です。

免疫の80%は大腸が関わっていると言われ、乳酸菌を摂ることが健康への近道と言えます。

最近は「腸活」という言葉も当たり前となり、意識して乳酸菌を摂っている方も多いことでしょう。

特に現代人は花粉症やアトピーといったアレルギーを持っている人が多いです。

この現代病は大腸と深く関わっているため、改善には乳酸菌の力が必要です。

日本は昔から発酵食品を多く使い、腸の長い日本人の健康を支えてきました。

漬物や納豆、甘酒、塩麹といった和食に欠かせない食品には乳酸菌が多く含まれています。

手軽に食べられるものが多いので、組み合わせて様々な種類の乳酸菌を摂ることが大切です。

また抗生物質によって乳酸菌の力は弱まり、悪玉菌を増やしてしまいますので、不必要な抗生物質の投与も控える必要があります。

様々な種類の乳酸菌を摂って健康生活をしましょう。

http://basilico.staba.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です