改めて日々食べているヨーグルトの効果を実感しています

私は毎日、ヨーグルトを食べています。
乳酸菌は整腸作用があり、お腹の調子が良いと、病気になりにくいようです。

日々、ちょっとした不調はありますが、以前に比べると、肌荒れがそれほどひどくはならなくなりました。

それ以外では、以前は日常生活ができないくらい体調を崩すことがありましたが、今ではそこまでひどくなることはなくなりました。

ですが、まだちょっとした不調は続いているので、引き続きヨーグルトを食べて、様子を見て行こうと思っています。

ヨーグルトの種類はいろいろあり、それぞれ乳酸菌の種類が違うようです。

なので、3種類程度のヨーグルトを交代で食べるようにしています。

同じ食品ばかりをずっと続けていくのは良くないと聞いたことがあります。

なので、ヨーグルトもいろいろな商品を食べた方が、味の違いも楽しめますし、健康のためにも良いのかもしれません。

ここ数年は毎日ヨーグルトを食べているので、それが当たり前になってきています。

ですが、ヨーグルトを食べているからこそ、大きく体調を崩すことなく、日常生活が遅れているのだと改めて実感しています。

https://www.transformationage.org/

お通じに効く「W飲み」ヤクルトとミルミルを合わせることで難産だった私もお通じが改善しました。

お通じには乳酸菌とビフィスズ菌の「W飲み」が効きます。

私は、お腹のためにヤクルトで販売されている「ヤクルト」と「ミルミル」を毎日飲んでいます。

きっかけとなったのは、ネットで一時話題になったヤクルトとミルミルの「W飲み」でした。

当時どうしてもお通じのが悪かった私は、腸を動かそうと腹筋運動や腸のマッサージをおこなっていました。

しかしどうしても効果がです、張ってくるおなかに苦しんでいました。

食生活が悪いのかもしれませんが、家族と食事内容を合わせると、どうしても偏ることも多くなるので困っていたのです。

そこで「W飲み」の情報を発見しました。

これは毎日続けてヤクルトとミルミルを飲むことでお通じが良くなるという腸活内容でした。

ヤクルトを飲むと乳酸菌の一種である「シロタ株」が小腸を元気にしてくれるのです。

ミルミルはビフィスズ菌の一種である「BY株」が大腸を元気にしてくれます。

どちらか片方だけでも効果はあるのですが、二つ一緒に飲むとより体にいいのです。

これを試してみて一週間後、珍しくお通じがするっと良くなりました。

それから一カ月続けてみても、以前のようにお通じが悪くなることはほぼなくなりました。

ヤクルトとミルミルならスーパーで安く買えるので、お財布にもうれしいです。

https://www.aeon-easter.jp/

花粉症などアレルギー体質を改善するためには乳酸菌の力が必要

今や様々な食品に含まれている乳酸菌。ヨーグルトやキムチ、納豆などが知られていますが、飲料や菓子など加工された商品も多くあります。

乳酸菌は400種類ほどあると言われ、人によって効果の高い種類は異なり、様々な種類の乳酸菌を摂ることが大切です。

免疫の80%は大腸が関わっていると言われ、乳酸菌を摂ることが健康への近道と言えます。

最近は「腸活」という言葉も当たり前となり、意識して乳酸菌を摂っている方も多いことでしょう。

特に現代人は花粉症やアトピーといったアレルギーを持っている人が多いです。

この現代病は大腸と深く関わっているため、改善には乳酸菌の力が必要です。

日本は昔から発酵食品を多く使い、腸の長い日本人の健康を支えてきました。

漬物や納豆、甘酒、塩麹といった和食に欠かせない食品には乳酸菌が多く含まれています。

手軽に食べられるものが多いので、組み合わせて様々な種類の乳酸菌を摂ることが大切です。

また抗生物質によって乳酸菌の力は弱まり、悪玉菌を増やしてしまいますので、不必要な抗生物質の投与も控える必要があります。

様々な種類の乳酸菌を摂って健康生活をしましょう。

http://basilico.staba.jp/